巨大オタマジャクシ発見!でも特定外来種?生物多様性センターで教えてもらいました


2018.05.24


実は先日、地球ハグ倶楽部メンバー小学校2年生の健ちゃんが、

猪高のたんぼで、大きな大きなおたまじゃくしを10匹以上つかまえてきました。

「でっかーい!」

 

 

 

家に帰って来て、なんのオタマジャクシだろう?と調べてみたら、

「これは、もしかしてウシガエル?」

「特定外来生物って書いてあるけど、トクテイガイライセイブツって何?」

環境省のHPの特定外来生物一覧より、ウシガエルのページをプリントアウトして、

ふりがなをふって一緒に読んでみました。

(環境省さん、子供向けにひらがなページと優しいイラスト付きページもお願いします)

 

特定外来種は、飼育してはだめ。売ってもダメ。放ってもダメ。
懲役や罰金が科されます。

 

個人の場合、100万円~300万、利益追求の法人については、5000万円~1億以下の罰金。

なのだそうです。

 

健ちゃんと私たちは、いつもお世話になっている、生物多様性センターさんに、連絡をしました。

すると、職員の皆様は、生き物が好きな健ちゃんの気持ちを察しながら、とても親切にご対応くださり、

カエル博士の寺本先生は、特定外来生物のお話、生態系のお話、いろんな生き物を見せながら、色々教えてくださいました。

 

巨大おたまじゃくし

 

「これはウシガエルのオタマジャクシだね。お腹が模様がなくて白~黄色っぽい。」

「ツチガエルのオタマジャクシはここまで大きくないし、お腹を見るとまだら模様。」

「ウシガエルは、特定外来生物。特定外来生物は生態系を壊すから、育てちゃいけないし、放っては行けない。」

 

健ちゃんは、自分で捕まえた、大事な大きなオタマジャクシを、センターさんに預けることにしました。

「何の餌になるの?ウシガエルのオタマジャクシは、何が食べるの?」

彼なりに受け止めたようでした。

 

「あんまり美味しくないみたいで、みんなあんまり食べないんだよなぁ・・・」

「カメの餌にはならないの?ザリガニは?」

「え、何の餌にもならないの?駆除する?」

 

最後までどうなるのか見届けたかったようです。

捕食する敵がいない…。センターの寺本先生の答えを聞く健ちゃん。

 

「あぁ、そっかぁ。だから増えるんだね」

「さばいて食べればいいじゃん!丸干しにして、味噌汁にいれるとか~。唐揚げにしてもいいんじゃない?」

 

帰って来てから 彼なりのオリジナル有効利用法を考えておりました。。。

 

ちなみに・・・健ちゃんママは、モノづくりオタク。

地球ハグ倶楽部のクラフト部部長。

 

バックヤードでは、しきりに、

「このワナはどうなってるのですか?」

「どういう仕掛けですか?」

「どうやって作ってあるんですか?」

 

どうやら、バックヤードに大量に積んであるワナの仕掛けに興味津々!

そのうち、生き物捕獲ワナを作り出すかもしれません(笑)

 

丁寧に対応してくださった生物多様性センターのみなさま ありがとうございました。

地球ハグ倶楽部のお友達から、

「いいなぁ~!僕も、私も、生物多様性センターさんに潜入してみたい!」

との声が上がっていますので、

バックヤード潜入、お願いしてみようかと思っております。

実現できるといいなぁ。

どうぞお楽しみに。