【受付開始】2024年8月4日カヤネズミの不思議 畠佐代子先生 講演会

畠佐代子先生による「カヤネズミの不思議」講座 

カヤネズミとの出会い

地球ハグ倶楽部でお米作りを始めて3年目。
実は、毎年、田んぼでカヤネズミの巣に出会ってきました。 

豊田で稲刈りをした時も、
「わぁ!なにこれ?!なんかある!!!」
「これ何かの巣だよね?鳥の巣??なんの巣?!」
と大騒ぎ。

去年大府で稲刈した時は、なんと巣の中に、小さな小さなカヤネズミが!!!
↓↓それは、それは、大人も子供も大興奮!こちらが、去年の稲刈りの時に出会った子達の写真。ぐっすり眠っていました。


「巣を刈り取っちゃったけど、どうしたらいいかな?」
「ちっちゃーい!!!可愛い~!!!」

子供たちは、この写真の巣を手のひらに乗せて、少しでも安全な場所がないか、みんなで探して、
そーっと自然の中に巣を戻してあげていました。

次の日に、見に行ったら、巣の中は空っぽでした。

「いないよ?カヤネズミ、蛇やイタチや何かに食べられてないかな?」
「巣を刈り取っちゃったから、悪かったなぁ」
「ちゃんと生きてるかな?大丈夫かな?」

心配していたけれど、
今年の田植えの日にも、カヤネズミに出会うことができました!

「可愛いね。カヤネズミって、すばしっこいんだね。」
「カヤネズミのこと、もっと知りたいなぁ。」

そんなところから、
今年は、素晴らしい先生をお招きして
カヤネズミについて教えていただけることになりました。

カヤネズミは豊作のシンボル?
雑草のヒエなどやイネを食べる昆虫などを好んで食べてくれます。

カヤネズミの巣を神棚に供える風習もある地域もあります。

十二支の干支にもあり、縁起のよいいきものです。

ねずみは子をよく産み増えることから、「商売繁盛」や「子孫繁栄」と掛けて縁起が良い生き物とされています。
幸福な家庭の象徴としても海外でも言われています


カヤネズミは、みなさんのそばにもいるかもしれない、体長6センチ、体重8グラムほどの野生動物。“
絶滅のおそれあり”と言われています。

カヤネズミ、絵本でしか知らないお友達も多いかもしれませんね。
でもこんな身近に、暮らしているんです。
そんなカヤネズミの世界を、そーっとのぞいてみませんか?

「カヤネズミの不思議」講座 詳細


【講演会開催】

8月4日(日) 講演会
講師 畠佐代子先生
会場 おおぶ文化交流の杜 図書館
愛知県大府市柊山町6丁目150−1
https://library.allobu.jp/access.html

13:30~ 開場 受付 
14:00~ 開演 
15:00~ 質疑応答
16:00 終了

■料金
お一人様 
当日 700円
前売 500円
家族割り お二人様1000円

◼️アクセス
●公共交通機関でお越しの方
名古屋駅よりJR東海道本線新快速で大府駅まで約14分
大府駅西口より徒歩約30分・タクシーで10分

大府市循環バス 「ふれあいバス」
大府駅より約15分「おおぶ文化交流の杜」下車
共和駅より約20分
https://www.city.obu.aichi.jp/kurashi/sumai/bus/1015290.html


■プロフィール
全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠 佐代子 (はた さよこ)
京都府出身。全国カヤネズミ・ネットワーク代表/博士(環境科学)。河川や里山の野生生物の保全に、研究と市民活動の両面から取り組む。滋賀県立大学環境科学部で環境動物学の非常勤講師のほか、東京大学空間情報科学研究センターの客員研究員を務める。著書に『すぐそこに、カヤネズミ 身近にくらす野生動物を守る方法』(くもん出版)など。

 

Follow me!

今後のイベントのご案内

  地球ハグ倶楽部では、「美味しい、楽しい、美しい」を合言葉に、自分と人と地球をハグできる力を育むことを目的に、様々なイベントを企画しています。今後のイベント情報は、こちらからご案内いたします。QRコードを読み込んで、お友達になってくださいね。