20181013asagi

謎の蝶!! アサギマダラ


2018.10.14


2018/10/13(土曜日)「秋の自然で英語で遊ぼう!」イベントを開催いたしました。
  
@カズムシ
今年も、秋の大高緑地公園で”謎の蝶 アサギマダラ” が見られました。  アサギマダラは、日本本土から南西諸島・台湾へ向かう個体が多いと言われる、”渡りの蝶”です。最長で約2,000kmも移動した個体や一日で200kmも飛んだ個体の記録が残っています。

アサキマダラは、フジバカマやアベリアなど好みに吸蜜しにきます。大高緑地公園にくる、アサキマダラの吸蜜植物は、セイタカアワダチソウなのです。本によるとある特定の条件の場合のみ セイタカアワダチソウへの吸蜜行動をする書かれています。貴重な観察出来る場所なんです。今後、この記録は 新たな”謎の蝶 アサギマダラ”の解明に繋がるかも知れません

 
和名:アサギマダラ(浅葱斑)学名:Parantica sita       
チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種
浅葱(あさぎ)は羽の白っぽい部分は、実は半透明の水色(青緑色)です。
水色(青緑色)のむかしの呼び名を浅葱(あさぎ)色と言います。      
浅葱色は、新選組の羽織の青い色の部分も同様に浅葱色と言われています。

 

 

pagetopへ戻る