【日本陸水学会東海支部と地球ハグ倶楽部コラボ企画】美しい歴史 山本家編

2019/9/21(土)‐2019/9/22(日)ダムツアーに行ってきました!イベントを開催いたしました。

 

🏠黒部市農村文化伝承館 山本家
愛本ひばり野会交流会や黒部市地域おこし協力隊の方たちと…

 

 

 

農村文化伝承館 山本家

“令和”の時代から江戸中期“明和”の時代にタイムスリップしました。明和は1764~1772年の年号(約250年)の建物です

当時は後桜町天皇・後桃園天皇の時代で肝煎(キモイリ)というのは諸事の

世話をする人が住んでいました。 名主・庄屋の別名で現在だと町長や村長です。

 

 

 

 

立派な大黒柱と欄間に、武家屋敷のような廊下があり、むかしむかしの生活道具やなども

展示されています。

 

こどもたちは、このお屋敷で、かくれんぼなどして遊んでいました。

藁編み体験や囲炉裏を囲んでの、美味しい料理と楽しい時間を満喫しました。

Follow me!

今後のイベントのご案内

  地球ハグ倶楽部では、「美味しい、楽しい、美しい」を合言葉に、自分と人と地球をハグできる力を育むことを目的に、様々なイベントを企画しています。今後のイベント情報は、こちらからご案内いたします。QRコードを読み込んで、お友達になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください